診療内容

ホワイトニング一般歯科小児歯科インプラント矯正歯科

インプラント

失った歯のかわりとなるチタン製の人工歯根のことをインプラントといいます。歯の失われた部分のあごの骨に、人工歯根を埋め込み、外科手術により人工の歯を取り付けます。インプラントはとても丈夫な為、日々のメンテナンスをしっかりと行えば、半永久的に機能することが出来ます。しっかりと機能させる為にも歯科医院での定期的な検診も重要です。

※お電話やご来院頂いての相談は無料で行っております。
※検査が必要な場合は費用がかかります。

※料金表はただいま準備中です。

 

インプラントのメリット

インプラントのメリット①

天然の歯と同じ外観・機能を得ることが可能。

顎の骨にしっかりと固定されている為、天然の歯に近い感覚で食事を楽しむことが
出来ます。また、見た目も天然の歯に近い自然な仕上がりです。

インプラントのメリット②

他の歯に影響を与えることがない。

ブリッジのように他の歯を削る必要がない為、健康な歯に影響を与えることなく、
インプラントを行うことが出来ます。

 

インプラントのメリット③

耐久年数が長い。

ブリッジに比べ、インプラントは耐久年数が約50年と長く使用することが出来ます。
正しいメンテナンスを行うことでさらに長持ちさせることも可能です。

 

基本的な流れ

初診のカウンセリングを行います

患者様の現在の歯の状態をレントゲン結果を元に確認し、一人ひとりに適した治療計画・費用・治療後のメンテナンスについての詳細スケジュールをを立てます。インプラントのメリット・デメリットについてもしっかりと説明を行わせて頂きます。

詳細な検査と手術前の事前説明
全身の健康状態を確認するための検査とCTスキャン撮影を行います。問題なくインプラントを行うことが出来ることを確認し、手術を行う日程を決定します。

一次手術(インプラント埋入)
歯肉を切開し、顎の骨にドリルを開けスペースをつくり、インプラントを埋入します。
インプラントを完全に骨の中に埋め込み、歯肉を元に戻して縫合します。
一次手術後、2~6か月おき、傷口の治癒を待ちます。

インプラントの流れ

二次手術
インプラントが顎の骨と結合したら被せ物をセットするための手術を行います。
再度、歯肉の切開を行い、インプラントの先端を出します。
アバットメントを装着し、その後型をとって被せ物を作成・セットします。

インプラントの流れ②

メンテナンスと定期検診
インプラントが顎の骨と結合したら被せ物をセットするための手術を行います。
再度、歯肉の切開を行い、インプラントの先端を出します。アバットメントを装着し、その後型をとって被せ物を作成・セットします。

PAGE TOP