診療内容

ホワイトニング一般歯科小児歯科インプラント矯正歯科

 

歯周病

歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、歯の根に沿って移動し、歯周組織を破壊してしまう病気です。以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていましたが、現在では「歯周病」という呼び方が一般的になりました。症状としては、口臭や歯茎の腫れ・出血、歯がぐらぐらと揺れる、等が挙げられます。

 

- 歯周病の進行の流れ -

歯周病の流れ

歯周病は重度になって治療をするのではなく、初期の段階で予防をすることが大切です。
初期の段階では、口臭や口の中のねばねば感を感じます。この時、歯周病菌が歯茎に付着して炎症を起こしています。進行が進むにつれ、歯と歯茎の間にポケットが出来、菌がたまっていきます。歯周病菌により、炎症がひどくなり骨が溶けていくことで、支えのなくなった歯がぐらぐらと揺れ、抜歯しないといけない状態までひどくなります。

 

虫歯

虫歯は口の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌)が原因で進行します。
普段の食事の食べかすなどが歯に付着し、残ることで歯垢が出来ます。その歯垢が酸を出し歯を溶かす病気が虫歯です。初期の虫歯は痛みがない為、自覚症状はほとんどありませんが、進行が進むにつれて冷たいものに痛みを感じ、最終的には日常生活でずきずきと強く痛む状態になります。進行が進み、痛みが激しい場合は歯の神経を抜く、または抜歯が必要です。

予防法としては正しいブラッシング、フッ素塗布など日頃の予防意識が重要となります。
当院ではブラッシング指導に力を入れて治療を行っています。日頃のブラッシングと定期的なメンテナンスをしっかりと行い、虫歯や歯周病にならない様、患者様をしっかりとサポートさせて頂きます。

 

PAGE TOP